更年期、閉経など、加齢とともに変化するムダ毛事情

美しい肌を維持するためには普段からムダ毛の処理をしっかり済ませる事が必要だといわれています。

特にムダ毛の処理は年齢が変わっても必要なスキンケアだといわれていますので、自分の肌質に合わせてエステサロンや脱毛サロンに通ったり、自宅でカミソリや電動シェーバー、家庭用脱毛器などを利用してセルフケアを行う事が必要になってきますので様々なお手入れを行う女性が増えてきています。

更に加齢によって肌質やムダ毛の処理も変わってきますので切り替えていくことが大切です。

加齢によって伸びてくるムダ毛、濃くなるムダ毛も

若いころからムダ毛の処理をしている女性などは、ムダ毛が目立つ部位として腕や足、両脇などをメインにお手入れをしている場合が多いとされています。特に両脇やアンダーヘアはムダ毛が濃い特徴がありますので、水着などを着用する場合や肌の露出が多い服装をする際にはケアが必須になりますので、セルフ脱毛をしたりエステサロンでケアを受ける必要があります。

ただ年齢を重ねるとどんどん肌質やムダ毛の特徴が変わってくるため、年齢に合わせてお手入れを変化させていくことが必要になるのです。

まず加齢による変化として大きく変わってくるのが40代後半頃から体毛が濃くなる特徴があります。この時期から更年期による女性ホルモンの分泌が低下する事で男性ホルモンの量が増えていることが原因とされており、今まで生えていなかった体毛が生えてきたり、以前より体毛が太く濃くなってきたら、ホルモンバランスの乱れが原因とされる場合が多いといわれています。

閉経後の女性ホルモンの減少で変化するムダ毛

女性の閉経時期は30代後半から50代の間だといわれており、閉経した時期と同時に体が更年期の状態になっている場合が多いので、今までバランス良く分泌されてきた女性ホルモンの量が圧倒的に減り、数少ない分泌量であった男性ホルモンの量が多くなる事で、普段よりもムダ毛の量が増えてしまったり濃いムダ毛が目立つようになってきてしまうのです。

女性は一生のうちに女性ホルモン量が低下してしまう時期がありますが、その時期というのが思春期、妊娠期、更年期になります。思春期は肌質も丈夫なのでムダ毛の処理をセルフケアする方法もありますが、更年期の時期の肌は若いころに比べて保水量が低下しやすくなり乾燥しがちな状態になってしまうので、肌にダメージを与えるワックス脱毛や家庭用脱毛器などを利用して繰り返しお手入れを行っていると肌のトラブルにつながる恐れがあるため、エステサロンや美容サロンなどの美容施設を利用する必要があるといわれています。

ムダ毛をサロン脱毛しておくメリット

ムダ毛の処理を効率よく済ませる方法として、時間を気にせずに自宅で行えるセルフケアは人気が高くなっていますが、セルフケアではケアが難しいといわれているのが皮膚がデリケートな部位であるアンダーヘアや顔脱毛などの部位であったり、背中などの背面部のお手入れです。

この部位はセルフケアでもお手入れをすることが出来る場合もありますが、手が届かない部分などはケアが不十分になってしまう恐れがありますので安全かつ効率よくケアを行う為にもエステサロンや脱毛サロンを利用する事が必要になってくるのです。

また年齢を重ねたデリケートな肌でも安全にケアが行えるフラッシュ脱毛を採用しているサロンが大多数で、痛みが殆どなくストレスを感じないお手入れを受けることが出来る特徴もありますし、肌カウンセリングによって肌質や毛質など自分の肌質に合った方法でお手入れを受けることが出来るので、肌トラブルが起こりにくい点も多くの女性に支持されています。

まとめ

年齢と共に女性ホルモンの量が減っていく特徴がある事から、男性ホルモン量が女性ホルモン量に比べて増えることにより、若いころよりもムダ毛が目立つようになってきてしまうなど年齢的な肌トラブルが起こりやすくなってくるため、昔と同じお肌のお手入れを行うのではなく、年齢や肌質に合わせて適切なお手入れを行っていくことが大切です。

セルフ脱毛を行う方法もありますが、加齢によって肌質がデリケートな状態になっている時に無理にセルフケアをするのは肌への負担を増やしてしまう恐れがありますので、少しでも負担を減らして綺麗な素肌を維持するためにもエステサロンや脱毛サロンなどの美容専門施設を活用する事も肌を綺麗にするメリットがあります。

またエステサロンや脱毛サロンによっても脱毛に使用するマシンなども異なりますし、施術の環境なども異なってきますので幅広い年齢層でも安心して利用できるエステサロンや脱毛サロンを利用する事も大切になってきますので情報収集を行う事も必要です。